新しい口座をつくるという方法

アルバイトは正社員と比べると収入が少ないので、全く貯金ができないと思っている人も多いでしょう。しかし、決してそんなことはありません。目標をきちんと立てて行動をすれば、たとえアルバイトでもお金を貯めることは可能です。では、実際にはどのような方法で実践をすれば良いのでしょうか。
一番大切なのが、貯蓄用の口座を新しく作るということです。自分の月の収入を出して、いくらくらい出費があるのかというのを計算します。そして、残ったお金の内、いくらお金を貯めることができるのかというのを計算した後は、毎月新しく作った貯蓄用の口座にお金を入れましょう。そして、そのお金には一切手を付けないようにすることが大切です。一つの口座で何でもかんでもやりくりをするのは、面倒な手間も省けてとても簡単です。しかし、そうすると常に残高が目に入ってしまう状態になるので、今月はもうちょっとお金を使えるかもしれないと、甘えた心が出てしまいます。そうならないためにも、必ず別の口座で貯金をして、普段使うお金と貯蓄をするお金を分ける必要があるのです。
そして、目標をきちんと立て、いくらまでお金を貯めるという計画を立てましょう。そうすれば、その目標に向かって一生懸命お金を貯めようと努力するようになります。そのため、自然と貯金をしないといけないという意欲を持って、毎日を過ごすことができるでしょう。アルバイトでも、意識を高く持てばお金を貯めることが可能です。

  • 2017年11月
         
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー