達成可能な額を設定すること

10月 6, 2016 · Posted in · Comment 

仕事を続けるにあたり、何らかの目的を持つのはいいことです。目的があると、そこに向かって進めます。なにか目指すべき先を持っているかどうかによって、仕事に対する意欲は違ってくるものです。
働く上で掲げる目標としてよくあるのは、貯金の額です。働いて得た収入は、生活や娯楽のために消費するだけでなく、貯金によって蓄えることができます。貯蓄が増えるほど、精神的にも余裕が出てくるものでしょう。また、生活の安定性を確保するためにも、貯蓄の額は増やしたほうがいいものです。
ただし、その目標をあまりに優先してしまい、物事がうまくいかないという事態はよくあります。貯蓄の目的の水準額を達成することを優先するあまりに、無理をしてしまっては問題です。貯蓄を増やしたいがために仕事を掛け持ちして無理をしていると、体を壊すこともあります。そうなると、働き続けることができず、結果として貯金の目的を達成できないでしょう。何事も、適度なバランスを保つのが継続のためのコツです。
働く目標を持つ上でも、適度な難しさでの課題を持つ方法がなによりふさわしいです。あまり現実的でない貯蓄額の設定は、好ましくありません。通常通りに働いても、十分に達成可能な目的を持てば無理なく仕事が続けられ、目的もいずれ達成できます。もし現状の貯蓄額の目的が厳しいようであれば、目的の額を再設定していいでしょう。そうすれば、余裕を持って貯蓄を増やしながら無理なく働けます。